全身脱毛中・後に寒い!?簡単に解決できます!

全身脱毛をする時にブルブルくるほど寒さを感じる事ってありませんか?

実際に全身脱毛を行った方の感想を見ていると、『夏場でも寒い』『2時間も裸だったから体の芯から冷える』『冷たいジェルを塗った後に更に冷やすから寒すぎる』等々、悲惨な口コミが多いですよね。

ここでは”なぜ寒いのか?”や”寒さ対策はあるのか?”などについて、私の実体験から解決策をお教えしたいと思います。

冷却ジェル+クールダウン!!そりゃ寒いに決まってる!!

脱毛サロンでは、高熱で毛根にダメージを与え破壊する脱毛方法が主流なので、お肌の炎症を抑制するためほとんどの脱毛サロンが夏場でも『ヒィ!!』となるほど冷たい冷却ジェルを使います。更に、光を照射した部分が火照っているため、追加でクールダウンをするというダメ押しを必ず行います。

そして全身脱毛時はほぼ全裸・・・。それに加えてそんな寒い状態を2時間~2時間半継続するわけですから、体の芯から冷えるのは当然ですよね・・・。

口コミでもあるように、『夏場でも寒い』についてですが、実際に某有名サロンで全身脱毛している友人に聞いたところ、『夏場でも寒いじゃなくて、夏の方がジェルが冷えまくって寒いんだよぉぉぉ!!』という生の答えが帰ってきました。やっぱり地獄ですよね・・・。

 

自分で出来る簡単な寒さ対策とは?

■寒いと伝える

まず一番簡単な事は”伝える事”です。口に出して言わなければ施術をしてくれている方も気づいていないかもしれないからです。ドンドン伝えてみましょう!

ちなみに先ほどの友人は口に出して伝えているそうです。

 

■温かいものを事前に飲んで体を暖める

これ結構アドバイスとして書いている方が多いですが、一時的な効果は期待できます!しかし、ご想像の通り2時間も持続する事はありませんし、何よりトイレに行きたくなってしまいます・・・。

丁度おしっこがしたくなったタイミングで、へそ周りを脱毛されることになれば『あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛・・・』と間違いなくなります。という訳で書いたものの余りオススメ出来ません・・・。

 

■ホットジェルを使っている脱毛サロンを選ぶ

私がオススメなのはダントツでこれです。思い出してください。お風呂上りに髪が塗れたままエアコンの効いた部屋でずっといれば風邪をひきそうなぐらい寒くなってきませんか?これと全く同じ事を冷却ジェルを使っている脱毛サロンなら夏場体験する事になるんです。

冬場は冬場で激寒みたいですが・・・

 

全く寒くない全身脱毛があります。

全身脱毛はとにかく寒いというネットの書き込みや生の声しか聞こえないので、『全身脱毛するときは絶対に寒くない脱毛サロンに行こう』と私は決めていました。

そして私が選んだディオーネでは、全く寒くなる事無く快適に脱毛が可能でした。

冬場は当然暖房を付けてくれますし、常に空調に関しては敏感に管理してくれているんです。更にこれは店舗によるそうですが、私が通っている高松店ではベッドも温かくなるようになっているので、全く寒さを感じる事なく快適に脱毛する事が出来ました。

また、ディオーネが採用しているハイパースキン脱毛という方法が”毛の種を取る”という方法なので、光がそこまで高熱になりません。温度としては38℃と半身浴ぐらいの熱さですので、クールジェルを使わずホットジェルを使ってくれるのです。

更にこのハイパースキン脱毛ですが、全く痛みが有りません!!これは感動モノです!!

ディオーネなら痛くもなく、寒くもなく快適に脱毛できますよ!

 

そもそも冷やしたとしても火傷・ヒリヒリしている人が4人に1人!

これが衝撃なのですが、TV番組でアンケートをとった所、実際脱毛サロンに行っている人の4人に1人が火傷もしくはヒリヒリを体感しているという事実です。

脱毛サロンに行った事がある人ならわかると思いますが、契約書の中に”脱毛は自己責任です”と書かれていて、そこにサインもしくはハンを押しますので、余程の事が無い限りクレームも入れれないと思います。とは言っても訴訟問題が年に数回起こっているそうですが・・・

という訳で、快適に全身脱毛したいという場合は、ジェルを塗らないタイプやホットジェルを使ってくれる脱毛サロンを選んだ方が良いという体験談でした。私の体験談はディオーネ全身脱毛ブログのトップページで確認して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です